2018/02/03

大分市でアートにふれる / 2

なんの予備知識もなく、アートプラザに立ち寄った。
磯崎新が設計した建物があるなら、観てみようかなと思った。

これか。
目の前に現れたアートプラザは、けっこう、デコボコしている。
凸凹。
夕方で寒くなってきていたし、外観だけ見られればいいかなと考えていたら、3階に磯崎新建築展示室があるようす。
なんでも、偶然の出会いほど、見ないと損だと、最近おもう。
2階にある建物入り口へと、スロープを登る。
どんどん視点の高さが変わってゆくと、同時に気分も変わる。

2階には、1960年代【ニューヨーク・アートシーンと日本人アーティスト】というテーマの常設展示。
赤瀬川源平の著書で見かけたことがある、幾人かの作家名が。
ネオ・ダダという芸術運動、潮流。
赤瀬川源平著「反芸術アンパン」、また読み返してみようかな。

3階磯崎新建築展示室。
【磯崎新の建築術 都市計画と美術館】
とにかく、1/50木製建築模型の迫力に圧倒される。
ぼくには鉄道模型という趣味があって。
建築模型を見ると、脳内では鉄道が走りはじめてしまうのだけれど、1/50という縮尺はOゲージに相当するからこれはたいへんな大きさだな。。。なんて。
壁にかけられているスケッチと版画は、見る者を、磯崎新建築の要点へと、磯崎新自身が導いてくれるもののように感じられた。
ぼんやりと内と外とを別けるように造形された窓。
形が、光と影の美しさを、教えてくれる。
アートプラザ、よかった。


0 件のコメント:

コメントを投稿